カテゴリ:フルート( 1 )

古川仁美 武田顕治 フルート ピアノデュオコンサート

d0015174_90844.jpg

d0015174_902848.jpg

まずはプログラムを見て欲しい。(ポケットに入れてあったのですこしくしゃくしゃになってしまった)(>_<)
一般にフルートでよく知られている曲はプログラムにはない。

フルートの古川仁美と武田顕治とのデュオは確か去年に続いて二回目、同じくここ「スペース Do」だった。

「フルートを超えたフルートの音楽会」と言うのが私の率直な感想だ。

しっかりとしたリズムの上に息使いまでが伝わってくるような古川仁美の演奏は古川 仁美が日頃目指している音楽の姿勢がわかる。

お客さんと慣れ親しんだ曲で音楽を共有すると言う方法ではなく、お客には未知の作品で共有関係を作ると言う難しい選択をあえて選んでいる事の彼女の自信、そしてそれは 武田顕治の協力無しでは出来なかった事だと思った。

私には A ・コープランドの「フルートとピアノのためのデュオ」が一番後に残った。
この曲については武田顕治が解説をしていた。変拍子が続くこの曲の姿を探すのに時間がかかったと話していた。

演奏会場に来ていた多数の人たちが皆楽しんでいた。

演奏会が行われた会場で終演後、その会場でパーティーが行われて演奏者のお二人が友人たちや家族やお客さんの間を回って話に花を咲かせていたのも古川仁美さんらしい心使いの一つだ。

私と古川仁美さんは彼女がロンドンで4年暮らしている時メールを通していろいろと話をした事が旧交を暖めた。また Mac を使っていた彼女がわからない事をメールで質問してくる事に私が応えたと言う経緯がある。

後で古川仁美本人から聞いた話だが、New York で活躍する武田顕治 の都合で8月30日のスケジュールになったと聞いた。
また古川仁美はつい最近アルタス AL の新しい楽器を手に入れてこの演奏会に使った。「まだ慣れていないんです」と話していた。

mixi のメッセージを使って古川仁美さんに送った私のメッセージ

とても素晴な音楽会でした。
今度はもっと大きな会場で聴きたい。
その時はチケットをきちんと買って行きます。

古川仁美の公式ページ

[PR]
by akiraogawaG | 2008-09-12 09:02 | フルート