カテゴリ:イベント( 1 )

10月5日(金)A DAY IN THE LIFE OF AFRICA

A DAY IN THE LIFE OF AFRICA( 100人の写真家がみたアフリカの1日)
通りすがり、偶然が私に大きな刺激を与える事がしばしば起きる。どだい大事な事以外は私は予定をたてない。それに縛られたくないのである、仕事の上の予定は立てなければ成り立たないので仕方なしに立てているがそれもかなり苦痛だ。

さて来年のギターの発表会の会場予約の為近所の「プラザホール」に出かけた。そこで「A DAY IN THE LIFE OF AFRICA」「100人の写真家がみたアフリカの1日」の展覧会のポスターを見た。時間があったので会場に入って驚いた。素晴らしい写真がプリントされて飾ってある。いくつもの写真の前で私は動けなくなった。

2002年2月28日100名の世界的な報道写真家の手によって24時間でアフリカ大陸を丸ごと写真に収める。そんな壮大な企画が試みられた。
「オリンパス」がスポンサーになりデジカメで写真は撮影された。

美しく、恐ろしいアフリカ。美しい色彩と自然。人々の表情の豊かさ。貧困がもたらすHIVの恐怖。そして出口を見いだせないままの現在のアフリカ。

まずは私はアフリカを一括りでしか捕らえていない大きな過ちをしていた。私は沢山の人種と沢山の文化が混然と存在している事を知る事から始めよう。又人類のの発生はアフリカにありと言う事から始めよう。

さてこれからアフリカ諸国は発展と言う名のもとに多くの言語や文化や自然を失って行くだろう。まるで時の流れのように文化の崩壊は自然に推移して行く。

私たちの世代は日本においてその発展と言う推移を見て来たはずだ。

25年前、これも又偶然。NewYorkの街角で知り合った国連に勤めていた若者がこう言ったのを思い出した。「日本が犯した発展と言う大きな過ちをアフリカが犯さないようにするための仕事を私はしたい」と…。

A DAY IN THE LIFE OF AFRICA 100人の写真家がみたアフリカの1日の写真が見られる
[PR]
by akiraogawaG | 2007-10-09 08:59 | イベント