<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大和市音楽家協会

大和市音楽家協会の総会に出席した。
去年から大和市音楽家協会の会員になった。

神奈川県大和市付近で在住活動している職業音楽家の団体で会員数86名、ピアニスト37名、声楽32名、器楽17名である。

大和市音楽家協会は大和市で自主公演をしたり、大和市のイベントコンサートなどを企画公演している。

ギターリストの団体もいくつかあるが私は入っていない。もともと団体は好きではないこともあって、どこの団体にも所属しないことにしていた。

それが…

去年の12月にこの大和市音楽家協会の十周年記念コンサートを聴いて素晴らしい出演者達にびっくりしたこと。
松木敏治(テノール)斉藤純枝(ソプラノ)渡辺益子(ソプラノ)原田直敏(バリトン)とは昔から私の共演者であったこと。「お仲間」。会長の松木敏治さんのお誘いを受けたことなどなど…。

おつきあい…

「お仲間」は私にとっていつも良い先生達であった。職業ギターリストの団体は言わば「商売敵」であるからどうもしっくり行かない。経済地盤が弱いのが更にしっくり行かない原因になる。ギタリストとのお付き合いは良い関係は作れない。

若い日、そうしたギタリストの先輩達を見てきてウンザリした経験を持つている。

それでは大和市音楽家協会の会員達はどうなのだろう。多分ギターリストたちとは違うのかも知れない。そう、オペラを歌う人達は本当に仲間意識が強い。オペラは普通ひとりではしない。また歌は必ずピアニストとの共演になる。バイオリン、チェロ、フルート等、楽器の場合も又共演が多い。ギターはソロが殆どだし仲間意識が育ちにくい、楽器演奏形態の違いからくるものかもしれない。

会長:松木敏治。東京芸術大学声楽科卒。スペインバルセロナ国立音楽院卒。オペラの他スペイン歌曲、スペイン民謡も歌う。

大和市音楽家協会ホームページ
[PR]
by akiraogawaG | 2005-05-15 23:27

夕化粧

私の家の庭にユウゲショウの花が咲いた。ユウゲショウとは「夕化粧」であるらしい。この時期夕方が長い、午後7時近くまで明るい。午後5時過ぎ庭に出て椅子に座ってお茶を飲んだり本を読むのが楽しい。庭は雑草で覆われている、自分では植えた覚えのない花が次々と咲く。やがて夕闇近所から魚を焼く匂いが漂い、犬が鳴く。梅雨になる前の貴重な季節。雨が降ったり強い陽ざしがさしたりの日があってやがて夏。夏の夕方は騒がしい。
d0015174_1993363.jpg

[PR]
by akiraogawaG | 2005-05-11 19:06

自主公演音楽会

以前は自主公演音楽会を数多く開いていた。
この頃はすっかりやらなくなってしまった。

理由は幾つかある。

第一は健康状態に不安がある。第二はギター独奏だけではとても毎度お客さんを誘えないので共演者を頼む事になる、すると合わせの時間にも多くを割かなくてはならなくなる。第三はバブルの崩壊後会社関係がお金を出して呉れなくなった。

以前は会社経営をしている人が赤字が出たら補填してくれると言う全くありがたい事が何年も続いた。いまでも感謝しています。

ギター独奏の他いろいろな分野の人達をゲストに迎えて小さい音楽会から大きい音楽会までを毎月のようにこなしていた。

そこで大事な事は出演を依頼した演奏家に音楽会が済んだ時にすぐ約束したお金を支払うと言う事だ。それをきちんと実行した事が信頼を築く元になった。すると依頼した共演者が今度は私を共演者に頼んでくる。お金は私がしたようにきちんと支払われた。そうしたものなんです。よい関係が出来る。お金ってなんて素晴らしいものでしょう。お金が人間関係を破壊すると言う話は目立つが、お金が人間関係を作ると言うのは話は目立たない。何故。

そしてその事が今でも多くの音楽家とお付き合い出来ている事につながっているのです。

音楽の世界ではかなりいい加減なことになっているのが昔からの現状だ。出演料が未払いなので請求すると「お客がすくなかったからお金が払えない」と平気で言う主催者がいたりする。

またその演奏者のお客さんが支払った入場料が演奏者の収入などと言うのもある。それでも主催者なんですかと聞きたくなる。頼まれて出演しているのに自分でお客さんを捜してくる。これでは話にならない。まあその条件で承諾したのだったらしかたないけれど…ね。

こうしていつの間にか嫌気がさして演奏をしなくなってしまう演奏家も実に多い。

自主公演音楽会は自分の為ばかりではない。多くの共演者、友人を持つ為に是非やって行きたい事だ。

誰か私に演奏を頼みにこないかなーと待っていても来るものではない。まずは自分から自主公演音楽会を開かねば始まらない。特にこれからの若い演奏家にお勧めです。

20世紀最大のギターリストA.Segoviaは若い頃、お客が入ろうと入るまいと関係なく三日に明けず演奏会をしたそうだ。着古した背広と穴の空いた靴だったそうだ。
[PR]
by akiraogawaG | 2005-05-04 23:03