<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月19日(水)Geoff帰る。

d0015174_11325558.jpg

Geoffry Hiller氏55才。彼は4週間の日本滞在を楽しんで9月29日(水)の朝。家族の住むオレゴン州ポートランドに帰って行った。キャリア付きのバック、カメラバック、リックサックを持って日本へやって来た。中身は日常品以外はノートパソコン、ICレコーダ、外付けハードディスク、小型ビデオレコーダ、二台のデジカメ。デジタル器機満載の旅だ。

夜私の家に戻ると昼間撮影した写真を外付けハードディスクに保存する。パソコン上で気に入った写真をPhotoshopで編集、FrickerにUpする。

Geoffry Hillerがこの前日本にやって来た25年前と比較すると驚くほど地理的、感覚的距離は縮まっている。彼の所有するデジタル器機は殆どが日本製、私との不便な会話もパソコンやインターネットの事になると会話が進んだ。


一緒に街に出かけると英語で話を出来る若い人が多い。25年前はこんな事は無かった。英語を話せる外国人にとって日本は旅行がしやすい場所にさぞかしなっているのだろう。英語がどうのこうのと言う話でなく、話が通ると言うのは良い事だ。二人でTVを見ている時に政治の話や世界の話になると私にはそれを詳細に話せる事は出来ないが、彼がどんな感じでいるかは察する事は出来る。

以前から何故彼が群衆を撮りたがるのか?とても不思議だった。NewYorkに私が行っていた時、彼は「Black star」と言う名の写真配給会社にアルバイトに出かけていて私に「毎日毎日世界から送られてくる写真を眺めているが、誰が真実を言い、誰が嘘をついているのか顔を眺めている内に分かるようになった。」と話していた。

彼は彼の独特の感性からカラフルな写真を好んでいる。そして人々の中に見られるシーンの中から「人とは」を探している。それが彼の「ユマニティ」なのである。
私は「私は人は好き、嫌い!」と言う両面の中に生きている。殺人を犯す人は「人でなし」と言うが、やはり人だ。だが人が社会的存在である以上、人を殺す人は「人でなし」なのである。動物は動物を殺しても罪にはならない。話は横道に入った、戻ることにしよう。

Geoffry Hiller氏から私が学んだ事は人々のシーンを切り取ると言うことだ。しかしこれは難しい。カメラを持って私は美しい海や富士山や花を撮ったが何かもう一つ何か足りないと言う事を感じていた。それは私の資質の問題だ。そこで大分前から何とか人々のシーンを撮りたいと思っていた。もしそれが肖像権に触れるのなら人々の顔を動物の顔に置き換えてみようかとも思っている。

街の通りに面したコーヒショップでテーブルの前の椅子に腰掛けて人々の様子を見て際限のない「人々物語」の空想に耽るのは楽しい事だ。

私が撮った人々の写真をモニター上でGeoffry Hiller氏に見せて「あんたに、これ教わった!」と言ったら、嬉しそうに「そんなことないよ!」と笑っていた。
その時の写真。
[PR]
by akiraogawaG | 2007-09-21 11:38 |

ジェフリ・ヒラー氏の事

d0015174_914577.jpg

25年ぶりにジェフリ・ヒラー氏が再来日、私の家に滞在している。
お土産に貰ったのがこの作品である。

まず作品を見て気がつくことは水平線が右へと12度傾斜している。何故?
人は誰でも普段見慣れないもを見た時に不安感を感じる。何故水平線は右下に傾斜しているのだろうか?

ここからが私の想像の物語になる。

この写真はブラジルの何処かの港の風景だと思う。左側の建物は港を守る古い要塞ではないだろうか?先端に高く見張り台がある。
少年から青年になろうとする若者が彼よりは年上の女の求愛に戸惑っている。右の道が海の方へ延び先に男がひとりいる。
左に愛の形、右に対照的に孤独な男の形を配置している。
さて水平線の右下がりの不安は作者が意図的に作ったものだ。少年の戸惑いと不安感が水平線の右12度傾斜の中に読み取れる。


ジェフリ・ヒラー氏は好んで群衆の中から偶然的に彼の心に響く不特定多数の人物を直感的に探し出す。


ジェフリ・ヒラー氏は私の家をベースにしていま写真撮影の日本旅行をしている。




いまは昔の話である

私が初めて海外旅行に一人で出かけたのは26年前の冬の事であった。
旅先はパリを経由してスペインのマドリーに行き、後はスペイン南部アンダルシアに行く、その先は何も決めてはいなかった。40日の予定だった。
長い旅で何を持って行こうと考えた時、なるべく軽い荷物で旅をしたかった。
荷物を入れるバックは画のキャンバスを入れるバックにした。背中に背負うことが出来た。そしてギター。荷物は紙一枚まで計算にいれた。
その当時カメラはフイルムカメラだった。カメラを外すことにした。観光地の写真は自分で撮影するよりも絵はがきの方が良いだろう、
自分の写真が欲しかったら誰か日本人観光客を見つけて写真を撮って貰おう。写真代金と送料を払って私宛に送ってもらおう。
一人旅で話をする相手が欲しい時は「写真を撮って」と言う事で「声かけ」が出来るはずだと考えてカメラを外した。

スペイン南部ロンダの町でジェフリ・ヒラー氏に出会った。

暗くなり始めた時刻「バール」の前でジェフリ・ヒラー氏に声をかけられた。何か本能的に<話してみたい人>の感じがあったので「バール」で一杯やりながら話したところ、彼がプロのカメラマンで「マラガ」から「ロンダ」に来たと言っていた。
National Geographicに投稿していると言っていた。この雑誌について多少知っていたので、「しめた!写真を撮って貰おう」と思って明日約束をした。
翌日、半日ジェフリ・ヒラー氏とその町の闘牛場やいろいろの場所で写真を撮って貰った。
日本に帰ってから暫くしてからNewYorkに住んでいたジェフリ・ヒラー氏から写真が送られて来た。
その後ジェフリ・ヒラー氏は来日。私もNewYorkに出かけた。長い長いお付き合いである。


ジェフリ・ヒラー氏の写真サイト

[PR]
by akiraogawaG | 2007-09-04 09:04 |

長野玉村本店での音楽会

d0015174_9144073.jpg

長野県沓野から上林温泉への坂道を折りたたみ自転車「DAHON」に乗って登っていた時、「よくこんな坂道を登るね!」と声をかけられた。見ると坊様とも神主様とも紛うばかりの男の人と出会った。これが玉村本店での「小川 彰とその弟子達による小音楽会」の始まりになった。
07年8月24日(金)の夕刻であった。私はその時今晩泊まることになっている「せきや」と言う宿を探していた。道を尋ねたいと思っていたので、これ幸いと道を尋ねたついでに今晩の「玉村本店」でのコンサートをすることを宣伝した。
まさか!その人が音楽会に来るとは思わなかったが、その人はお嬢さんをつれて音楽会に来ていた。
事の始まりはこんな風に始まった。折りたたみ自転車「DAHON」を何に包んで電車の中に持ち込もうかと考えていた時、ふと思いついたのが唐草模様の風呂敷であった。自転車を風呂敷に包むと言うアイデアに気を良くしていたので、A夫人にそのことを話したら「私の家に唐草模様の風呂敷があるので差し上げます」と言われて、すぐに戴いてしまった。
唐草模様の風呂敷の写真を撮りA夫人に送ったところ、写真はA夫人の妹さんで長野県山ノ内の「玉村本店」のお内儀さんに転送された。

ぼくは「玉村本店」のギャラリーの写真を見て「素敵なところだ、こんな素敵なところでギターが弾けたらな〜」とA夫人に申しあげたところ心良く連絡してくれて「どうぞ」と言われてその気になった。「玉村本店」のお内儀さんはA夫人の妹さんにあたる。

初めは一人で出かけることにしていたが、ギターのお弟子さんに話したところ「私も行きたい」と言う人が出てきて計5名がギターを弾き友人のリコーダー奏者がリコーダーを吹くと言うことになって計6名で音楽会をすることになった。音楽会の後、サイクリングをしようと計画された。なんて贅沢な事!

お客さんは約50人。地方の新聞社の記者が取材に来ていてインタビューを受けた(新聞に載ったかどうかは分からない?)
折りたたみ自転車を持った演奏旅行と言っても車で行く人がいたので成り立ったが、果たして車無しで成り立つだろうか、かなり難しい?体力もさることながら自転車一台を車内に運び込むことで精一杯でギターまではと言うことだが試して見るだけのことはありそうだ。

音楽会は成功だった皆さんに喜んでもらえた。嬉しい。

翌25日(土)車で横手山や白根山に出かけ、その日は志賀高原で「玉村本店」で紹介された「シャーレ志賀」に泊まった。

07/08/26日(日)上林温泉から小布施まで20キロを自転車で走った。標高差500mの下り坂は快適そのもの原付に乗っているかのようだ。
長野電鉄小布施駅の改札を出るとすぐ左横にある「六斉舎」はグランドピアノが置いてある。そこで自転車組と車組が合流した。なかなか小綺麗なホールで気持ちがよい、コーヒや冷たいビールやお菓子などを食べながらギターを弾いた。するとお店の人も参加してちょっとした音楽会になった。機会があったらここでも音楽会をしようと話は盛り上がった。



玉村本店創業文化ニ年・1805年

上林温泉湯宿せきや

志賀高原スキー宿シャーレ志賀

長野電鉄小布施駅の六斉舎
[PR]
by akiraogawaG | 2007-09-03 09:15 | ギター