<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

丹生谷佳恵の演奏会

d0015174_832850.jpg

丹生谷佳恵とヤナチェック四重奏団
08年9月15日(祝日)14時横浜上大岡「ひまわりの郷ホール」で丹生谷佳恵とヤナチェック四重奏団の共演による音楽会が開かれた。
プログラムはドボルザークの「アメリカ」ドボルザークの「ピアノ五重奏曲」ヤナチェックの「内緒の手紙」。

ドボルザークの弦楽四重奏「アメリカ」は四人の奏者ののりが悪い、凡庸な演奏に終わった。

そして丹生谷佳恵が登場した。演奏はまるで生き返ったように弾む、まるで美しい女性が加わったとたんに職場の雰囲気が変化するに似ている。

この音楽会で彼女は大きな成功を収めた。

演奏家とは賭博師のような仕事をしている。どんなに著名な演奏家もたった一度の演奏の失敗が大きく影響がでる。演奏の出来不出来はその後の演奏の仕事に大きく左右する。
今回の丹生谷佳恵の成功は彼女の今後の仕事に大きくプラスに働くはずだ。

丹生谷佳恵の演奏会を聴いている時「はた!」と私は気がついた、私が普段お付き合いしている音楽会は小さな音楽会だったんだ。「う〜ん」

ここで私が問題にしているのは大きいと言うのは会場の大きさだけではなく。演奏作品や演奏内容のことだ。
ドボルザークのピアノ五重奏曲は大きな演奏会向きに出来ている。ピアニストは小手先の器用な演奏が要求されているのではなく、曲全体の大きさを表現出来る大きなピアニストが要求されている。

ピアノは小さなものから大きなものまで拡張性の幅が大きい楽器だったんだと言うことも気がついた。

丹生谷佳恵の演奏はそれに十分応えていた。

今回のドボルザークの「ピアノ五重奏曲」はどのようになされたのであろう。丹生谷佳恵の弾くピアノはヤナチェック四重奏団のメンバーの演奏を引っ張っていた。彼女の独断場と言ってもよい。

それを裏づける話しを丹生谷佳恵さんから直接聴いた。

終演後ロビーでぼんやりしている彼女に会った、彼女の口から「昨夜の6時に初めての練習があって…」とまるで失敗の言い訳みたいな話し方をしていた。彼女自身どんな演奏になったか実際を掴めずにいたに違いない。あれだけの演奏と大拍手をもらっているのに…。

私もそんな経験をしたことがある。自分では夢中で演奏していたので自分の演奏がどんなものなのか分からずに終わっていたと言う経験。

合わせ練習が少ない時自分の音楽で勝負するしかない。基本的な事はここでは問題にならない。ディテールまでは打ち合わせが出来ないから自分の音楽をして相手がどう応えるかを感じるしか無い。

その時「素敵!」「困った!どうしよう」などと現場で感じるに違いない。

決められた楽譜と演奏スタイルがクラシック音楽にはあるが、それでも現場の即興性は生演奏で生まれる。

人間は機械ではないのだから…。そこがまた生の演奏会の聴きどころになる。

プロの仕事とはそうしたものだ。

丹生谷佳恵さんはこれからも良い仕事をするだろう。楽しみな事だ。

<写真はこの時の音楽会のものではありません。>
[PR]
by akiraogawaG | 2008-09-25 08:39 | クラシック音楽

若き演奏家たち

d0015174_962532.jpg

d0015174_97115.jpg
d0015174_973469.jpg
d0015174_975063.jpg

若き演奏家たち
8月15日(金)の午後神奈川県伊勢原市の郊外日向薬師の麓にあるN 氏の自宅に若い演奏家が3人と遠藤恵美子(ピアニスト)、そして私が偶然に集まった。
僕は彼女らをそれまで知らなかったし、彼女らも僕を知らなかった。
たまたま友人から誘われて日向薬師に遊びに行こうと言われて出かけたのである。

三人の顔ぶれはソプラノの小田麻子さん、バイオリンの関口那々子さん、チェロの ああ名前を忘れた。(分かり次第更新する)三人とも26才の若い演奏家だ。

小田麻子さんはオペラ座「おでん座」の代表をしている。モーツアルトの「フィガロの結婚」を12月に公演。みずからスザンナを演じることになっている。
おでん座

この日の集まりではモーツアルトの「すみれ」を歌った。
バイオリンの関口那々子さんはなんとイザイの難曲。「無伴奏ソナタ」を弾いた。
チェロの人はバッハの「無伴奏チェロ組曲第一番プレリュード」を弾いた。

特に印象に残ったのは小田麻子さんの「おでん座」の公演の話である。オペラではオーケストラを使い衣装も身に着ける。日本語台詞による原語演奏と言う方法で誰にでも楽しんでもらえるように考えている。しかも入場料は2.000円よくもこんな入場料で出来るものだ。聴きに行ってみたい。

「若さ」とはそうしたものだとつくづく思う。
「みんなでやりましょうよ!」で成立してしまう。なんとも素晴らしい事じゃないか。

大人になると「みんなでやりましょうよ!」では成立しない。その時は「はい」と言っていた人がいつの間にか理由も告げずに去る。過去に嫌と言うほどそうした事例を見てきた。

横道にそれてしまった夏の一日。山の麓のお家で凄い刺激を受けた。

僕も頑張ろうと思う。

ああだこうだ と言うのは止めだ!ただただ美しいものに心と肉体を精一杯使うことの誇りに生きよう。お後はどうでも良いのだ。
[PR]
by akiraogawaG | 2008-09-13 09:10 | クラシック音楽

古川仁美 武田顕治 フルート ピアノデュオコンサート

d0015174_90844.jpg

d0015174_902848.jpg

まずはプログラムを見て欲しい。(ポケットに入れてあったのですこしくしゃくしゃになってしまった)(>_<)
一般にフルートでよく知られている曲はプログラムにはない。

フルートの古川仁美と武田顕治とのデュオは確か去年に続いて二回目、同じくここ「スペース Do」だった。

「フルートを超えたフルートの音楽会」と言うのが私の率直な感想だ。

しっかりとしたリズムの上に息使いまでが伝わってくるような古川仁美の演奏は古川 仁美が日頃目指している音楽の姿勢がわかる。

お客さんと慣れ親しんだ曲で音楽を共有すると言う方法ではなく、お客には未知の作品で共有関係を作ると言う難しい選択をあえて選んでいる事の彼女の自信、そしてそれは 武田顕治の協力無しでは出来なかった事だと思った。

私には A ・コープランドの「フルートとピアノのためのデュオ」が一番後に残った。
この曲については武田顕治が解説をしていた。変拍子が続くこの曲の姿を探すのに時間がかかったと話していた。

演奏会場に来ていた多数の人たちが皆楽しんでいた。

演奏会が行われた会場で終演後、その会場でパーティーが行われて演奏者のお二人が友人たちや家族やお客さんの間を回って話に花を咲かせていたのも古川仁美さんらしい心使いの一つだ。

私と古川仁美さんは彼女がロンドンで4年暮らしている時メールを通していろいろと話をした事が旧交を暖めた。また Mac を使っていた彼女がわからない事をメールで質問してくる事に私が応えたと言う経緯がある。

後で古川仁美本人から聞いた話だが、New York で活躍する武田顕治 の都合で8月30日のスケジュールになったと聞いた。
また古川仁美はつい最近アルタス AL の新しい楽器を手に入れてこの演奏会に使った。「まだ慣れていないんです」と話していた。

mixi のメッセージを使って古川仁美さんに送った私のメッセージ

とても素晴な音楽会でした。
今度はもっと大きな会場で聴きたい。
その時はチケットをきちんと買って行きます。

古川仁美の公式ページ

[PR]
by akiraogawaG | 2008-09-12 09:02 | フルート

久しぶりのギター合宿

d0015174_9343836.jpg

08年8月23日(土)から24日(月)熱海多賀で何十年ぶりにギターの合宿を行った。

昔のギターの合宿は期間も5日から7日の期間。西伊豆半島の雲見とか妻良、富士山の周辺西湖、房総半島保田など遠隔地が多かった。いまより交通事情も悪かったのに大勢参加した。参加者ほとんどが学生か社会人であった。

合宿プログラムもギターの基礎練習が中心であった。民宿を利用して最終日には土地の人たちが参加して音楽会をした。客席を作るため学校から椅子を借りてきたと言うような事もあった。

さて今回の合宿は参加者が14名そしてその半分以上が一泊して帰った。

合宿と言うより親睦旅行のような感じだったがやはり合宿になった。絶え間なく誰かがギターをひいていた。

八月はずーと晴れが続いていたのに23日から雨が降り始めた。まるで「雨の国」にやってきたような感じだった。

個人レッスンとk氏による「ギター奏法」の講義とシンプルな音楽会が行われた。

バイオリンのU氏とリコーダーのY氏が参加してアンサンブルの練習も盛んに行われた。

合宿の効果はその後の普段の稽古に現れた。いつも上手な人だ。凄いと思っていた人が実は凄い練習量をこなしているのを見て、「私は練習が足りないから下手なのだと分かった」と,だから練習した。なるほど上手になっている。

エレキギターでベンチャーズに狂っていた人がクラシカルなギターの複雑なテクニックに関心を持つようになった。

合宿は貸し別荘「華の館」で行われた。 

華の館
[PR]
by akiraogawaG | 2008-09-11 09:44 | ギター