<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

破天荒な高齢者の生き方

女友からのメールの返事
「痛い、心配、吹き飛ばし、仕事に集中し、やりたい事・楽しい事に夢中になって、う
~んと楽しんで、病気なんか忘れちまお
う!病気が逃げ出すまで!」
返事
年をとったら幾つかの病気に悩まされるのは大抵の高齢者の宿命である。僕も同じです。
貴女は軽いリュウマチに悩まされるいる。
僕は高血圧と耳なりに悩まされている。
耳なりはもう10年以上になる。耳なりが始まった時それは急性肝炎を患った後だった。それが原因で神経症になり苦ししい日が続いた。音楽家にとってそれは苦しい。
デパスを使う事によって症状を和らげる事が出来てから今の活動が出来るようになった。
そこでいつまで続くか分からない命を目一杯愉しむにはと考えた。
まず前立腺肥大症の手術を勧められたが性的能力の途絶えを考えて手術の為に入院したのに残尿が無しと言う結果を得て退院してしまった。その後10年以上経過するが大事にいたらずにいる。性的能力は充分にあり、機会があれば事を成し遂げている。
生きている以上快楽的、即物的であるのは
「腹が減ったら飯」
そんな事は遠慮する事ではない。食えなくなったら「はい、さようなら!」
ドライに乾燥した感覚でありたい。年を取ると涙もろくなる人間にはなりたくないね!
ロードバイクって聞いたことありますか
舗装された道路を高速で走る自転車です。
そのロードバイクを買った。ここ数年自転車に凝っている。高い山にさえ登っている。自転車は趣味だけでは無い。
仕事に行く時にも使っている。まさに自転車生活である。自転車は快感だ。
この楽しみを死ぬ迄続けたい。
ギターと自転車と女と言ってしまえば簡単。「ハッはっは」笑ってください。僕も笑っています。
2012年春三月この世を笑いながら生きている。




































d0015174_214561.jpg

[PR]
by akiraogawaG | 2012-03-10 17:30 | 生き方

光ほのか

マルグリット・オードの「光ほのか」堀口大学訳は秀作である。
オードの自伝的なこの作品は巴里の片隅でひっそりと暮らす独身の恵まれないお針子の話である。
中年になってから恋をするこの恋の綴りは素晴らしい。
死のベッドで「もっと光を…」つぶやくこれがこの作品の題になっている。
何故この作品を思い出したかと言うとそれは大石教子の死である。
49才の若さで亡くなった。
大石教子さんは私が書いたHP「秋元潔初期作品集」のコメント欄から始まった。
秋元潔の作品に殆ど恋心に近い気持ちを持っていた彼女が私に会いたいと思ったのは自然の成り行きだったのだろう。
横浜山手の大佛次郎記念館の「霧笛」で初めてあった。予想どうりの人だった。
目の大きな丸顔の少しおどおどした女の人だった。出逢いは私を白けさせた。
何故なら一人で来ないで変なオハサンと一緒だった。初めて会う私に警戒をするのは納得出来るがそれなら初めに言うべきである。又そのオバサンが私の大嫌いな人だった。何かの本を出した事があるらしいのだが、誰ださん、誰ださんと言う話にうんざりさせられる。そのオバサンは葉山に住んでいると言っていた。
大石教子さんはその後葉山のオバサンの所に泊まりに行っていたやうである。
2010年11月に私のリサイタルが東京駒込ソフイアゼールサロンで開かれた。その会に静岡から出てきた。
彼女が関心を持っていた詩人の彦坂紹夫、七月の知念明子も来た。
演奏会終りパーティーになった時話しをした。その彼女が忘れ物をして戻って来た事が最後になった。
[PR]
by akiraogawaG | 2012-03-04 12:18 | 文学

ギターリストの左指

「魔笛の主題による変奏曲」を弾くと左指の状態がいかに大事かと言う事が分かる。
僕の場合角質体質だからもろに分かる。
スラーや飾り音が綺麗に出ない。
そこでカッターを使って削る。持っていたカッターは錆びている。100均で新しいのを買ってこよう。
d0015174_10112882.jpg

[PR]
by akiraogawaG | 2012-03-01 10:02 | ギター